車中泊用おすすめマットレス集

公開日: 2014年08月04日 最終更新日: 2015年07月02日

[車中泊グッズ]

車中泊マットレスの役割と種類

まず、マットレスの役割として以下の2点が上げられます。

  • 断熱
  • 段差を無くし、フラットに保つ

車中泊用マットレスを選ぶ際は、この2点をしっかり頭に入れて選びましょう。

車中泊で良く目にするマットレスは以下の物


種類 おすすめ度 特徴
銀マット ★★★★★ どこでも手に入り、低価格 用途も広く1枚あって損はない
インフレータマット ★★★★☆ 価格は高めだが、高性能。コンパクトに収まるので軽自動車なんかにはGood!
ウレタンマット ★★★☆☆ 可も無く不可も無く。車中泊を始めようと思った時真っ先に思いつく品
エアーマット ★★☆☆☆ 安くてコンパクト。一番のネックは空気の出し入れに手間が掛かる点。

個別の商品を例にレビューします。

フルフラットになる車の方

綺麗にフルフラットになり、段差も大きくない方はコチラでも大丈夫でしょう。

例:軽1BOXカー、フリードスパイク

ニトリ コンパクト収納マットレス シングル6つ折りタイプ

ウレタンマット
ニトリの6つ折りマットレス。
サイズ:幅100cm×奥行き200cm×厚さ3cm

ニトリなので近場で買えますし、価格も良心的です。

このマットレスのデメリットとして、

  • 厚さが足りないので、凹凸が大きい車両には不向き
  • 厚さ的に断熱力に疑問
  • 折りたためるとは言え、かさ張る

メリットは、低価格と入手の容易さ(個人差有り)

完全にフルフラットになるタイプの車種であればこれで十分でしょう。
追加で、銀マットでもあれば穏やかな季節の車中泊には問題ないと思います。

>>ニトリのコンパクト収納マットレスはこちら

銀マット

ホームセンター等で手に入る銀色のアレ
マットとして下に敷くのも良いですし、

自作になりますが、
任意のサイズにカットして目隠しとしても使えます。
また、夏向けの断熱素材として優秀です。

折りたたみ式とロール式があるので、
巻き癖が気になる方は折りたたみ式が良いと思います。

>折りたたみ式アルミマットはこちら
商品サイズ:約 1m x 1.8m(厚み 8mm)

完全なフルフラットにならない車の方

段差に対する解決方法2種

車中泊のマットは大まかに2つの方法で、段差を解消しています。

  • 段差に固形マットを何個かはめ込み、フラットな面を作る
  • マットレスの厚さでもって段差をなくし、フラットな面を作る

固形のマットを段差にはめ込むタイプの場合、

  • 構造がシンプルなので耐久性が高い
  • メーカー公式で出しているところはこのタイプが多い(公式は高い)
  • 完全に合うというのも難しいので、別途マットレスが必要な場合がある
  • 上の条件(クッション+マットレス)だと嵩張る
  • 車以外の場面で使うことは難しい(クッション)

エアーマットや、インフレータマットの場合、

  • エアーマットは空気の出し入れが非常に面倒
  • 両者に共通して、穴が空くと使い物にならない(固形に比べ耐久性は低め)
  • 車だけにとどまらず、他の場面でも活躍の機会がある(災害対策等)
  • エアーで膨らむので、コンパクトに収まる

※耐久性や、手間を考えるとエアーマットはあまりお勧め出来ません。

以上を踏まえてどうぞ↓

Levolva シートフラットクッション

Revolva mat 00 fs8

車中泊専用に開発された、ウレタンマット?クッションマット?
5種類の多彩なサイズで、あらゆるシートの段差を埋めるというコンセプトの商品です。

片面で使用する2つで約8,000円なので、比較的安め。
ただ、段差を埋めるだけなので気になる人は別途マットレスを購入する必要があるかもしれません。
例えば、ニトリの6つ折り等。

ミニバンですと、3枚使うケースがほとんどなので、片面で約12,000円程度でしょうか。

>>Levolva製のシートフラットクッションはこちら

また、別途マットレスを買う場合は同一メーカーから以下の物が出ています。

>Levolva製の汎用車中泊マットレスはコチラ

片面のクッション+マットレスで、総額12,000〜6,000円程度になるようです。

ONLYSTYLE 車中泊専用マット

Onlystyle png fs8

車中泊専用に開発された、インフレータタイプのマットレス
半自動で膨らむため、面倒くさいセッティング作業が少しラクに!

価格が1万円を優に超える為、踏み出すには勇気が必要なマットレスです。

レビューでは高評価が多いので、満足度は高いと思います。
レビューでのよくあるのネガティブな点が、価格が高いというもの

定価約21,000円で、レビューを書くことで16,000円になります。
2枚同時購入でも若干安くなるので、複数必要な方は2枚セットがお得ですね。

このマットレスは、サービスエリア等でも販売してようで、
そこでの価格は更に安いとのことです。(約1万円/1枚
サービスエリアに行く機会がある方はそこでの購入が良いでしょう。

>>取り扱いサービスエリアはこちら

底冷えと段差の問題であれば厚さ10センチの力を借りましょう。

>>ONLYSTYLEの車中泊専用マットはこちら

1万以下のコスパ重視マットレス

North Eagle製車中泊用マットレス

Northeagle00

Fieldoor製マットレスの取り扱いが無くなったようです。

似たような価格のマットレスがあったので、そちらを推薦します。
6000円前後のマットレスです。

厚さも9cmと厚い商品なので、ほとんど変わらずに使用出来るかと思います。

North Eagle社製 超極厚インフレータマットはコチラ@楽天

North Eagle社製 超極厚保温インフレターマットはコチラ@アマゾン

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ