車中泊におけるマナーと鉄則、場所選定

公開日: 2014年07月31日 最終更新日: 2014年08月20日

[車中泊の基本]

いかに自由だとはいえ、最低限のマナーと、守るべきルールがあります。
特に、オートキャンプ等の有料スペースとは違って公共のスペースである道の駅やSA・PA等では注意が必要です。
マナー意外にもあまり近づかないよう注意したい場所も併記します。

車中泊のマナー

大前提として、大部分の道の駅、SA/PAでの車中泊はかなりグレーな行為であることを肝に命じる必要があります。
公共の場での車中泊は、道の駅やSA/PAさんの良心で成り立っている部分もあるのです。

つまり、

  • 騒音が酷い(エンジン音、話し声)
  • 駐車スペースの占領(長期滞在・キャンプ行為)
  • 車中泊で出たゴミの放置

といった、迷惑行為が重なれば当然全面禁止となる場所も出てくるでしょう。
各人の意識が大切です。

日本RV協会(JRVA)が提唱するマナー10ヵ条はこちら

この10ヵ条はあくまで最低限です。コレさえ守れば他は良いというわけではないのです。
こんなの常識でしょう?と思う方が大半だと思います。でも確実にいるのです。
2012年の日経新聞の車中泊記事はこちら

双方が気持よく利用できるようにしたいものですね。

車中泊の鉄則・注意事項

  • 手順は確認しておく(もしくは準備しておく)
  • 駐車場所は早めに確保する
  • 人気のない場所は選ばない
  • 最寄りのトイレを把握しておく
  • 早寝早起き

まず、手順は確認しておきましょう。
膨張タイプのマットレスを使う場合の使用方法や、目隠しを貼る作業等、到着してからやるのか?準備してからいくのか?
前乗りで向かう場合は、夕方頃出発、夜到着で即就寝パターンもあると思います。
初めての車中泊の場合は特にです。

最低限、駐車場所やトイレの場所はキチンと把握してから向かいましょう。
いくら自由とはいえ、適当過ぎるのも困りものです。
特に道の駅やSA/PAでは、同様に車中泊しようという人も多いので、場所の確保も重要です。なるべく早い時間帯に確保したいところです。

駐車場所を確保して就寝準備が出来たら、なるべく早めに就寝しましょう。
暗くなってからはやることもそう多くないですし、次の日に備える方が良いかと思います。
また、早朝から行動できれば不要な混雑を避けることも出来ます。

駐車場所の選定

上でも述べましたことですが、飲水・トイレの確保は重要です。
そして、道の駅等で車中泊する場合は早め早めを心がけて行動しましょう。

理想はオートキャンプ場が良いですね。

それ意外の場所で車中泊する場合は、

  • 崖の側や、海辺の近く等、自然災害が起きた時どうにもならない場所には駐車しない
  • 公園や、繁華街の近く等は面倒くさい連中も来るので避ける

公園なんかでは、警察官が窓をコツコツと叩く事例が発生しております。
あまり不審に思われない場所のほうが好ましいですね(笑)

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ